久山直人

  • 久山 直人NAOTO KUYAMA

    入居促進本部 賃貸営業 上席所長

    2005年入社

    大事なことは『今の自分に何ができるか?』

    インターネットで世界中を擬似体験できる時代で、みなさんの選択肢は無限にあり、また実力があればキャリアアップの為のジョブチェンジも可能です。大事なことは自分の立ち位置で『今の自分に何ができるか?』をよく考え行動すること。どの分野においても、あなたが必要だと思わせる為の向上心と努力の継続が個人の魅力となり、将来の財産になると考えます。

ある1日のスケジュール
One day schedule

  • 10:00

    出社・掃除、
    メールチェック、社員の行動予定把握

  • 11:00

    業者、オーナー様への連絡など

  • 13:00

    昼休憩

  • 14:00

    お客様応対

  • 17:00

    契約手続き
    (重要事項説明、ガレージ契約等)

  • 19:00

    退社

キャリアプラン
Carrer

  • 2009年

    賃貸営業部センター 店長

    伏見センターで初めて店長に昇格しました。個人売上から店売上の責任の重さを痛感。プレッシャーの毎日でした。

  • 2011年

    2つの賃貸営業部センター兼任 所長代理

    部下がそれまでの倍以上になり、自分がやるべきこと、人に任せることの決断ができず抱え込んでいました。部下には怒ることでしか指導ができず未熟だったと思います。

  • 2014年

    賃貸営業部法人テナント課 所長

    法人契約の賃貸業務とテナント成約に特化した新たな部署の責任者となり、試行錯誤の毎日でした。店舗が四条烏丸でしたので車より自転車でよく現地を廻りました。

  • 2015年

    賃貸営業部 伏見センター 所長

    入社から10回の異動を経て、伏見センターに再配属になりました。伏見センターとの縁を感じましたし、入社当時からの管轄管理センターの仲間、後輩もおり、より働きやすい環境になりました。

仕事内容
Question 01

中途、新人育成・採用活動/WEB広告戦略/賃貸仲介(紹介中心)/空室の改装提案、管理提案など

長栄の社風
Question 02

自分の意思があれば、不動産業のことは部署を超えて何でも挑戦できるところ。

関わった仕事で一番印象に残っていること
Question 03

不動産業は売る側と買う側の間に仲介会社、管理会社が介在するケースが多く、それぞれの立場の考えもあり、意思伝達が容易に行かないケースがあります。
仲介が顧客目線で良かれと思って言った言葉も受け取り方次第で管理会社やオーナー様に真意が伝わらず、うまく行かない時はストレスが溜まります。

新入社員との接し方で心がけていること
Question 04

自分が新人の時の考えやってきたこと、上司の教えを押し付けず、それぞれの個性を尊重し、話すよりも聞くこを重視しています。

今後挑戦したいと考えている事
Question 05

不動産とAIの融合(長栄がプラットホームになって賃貸・売買・管理等の情報発信とネットワークの構築)
社内で唯一無二の存在になる。

ワーク・ライフ・バランス
Offshot

夏は河川でバーベキューと日焼けを楽しんでいます。
人ごみと長距離移動が得意ではないので行動範囲は狭いですが、現地でボーっとしている時間が幸せです。
普段はスーパー銭湯のサウナでスポーツ観戦と本屋で雑誌や書籍をチェックすのが日課になっています。冬は家でじっとしてます(笑)