丹羽加那重

  • 丹羽 加那重KANAE NIWA

    賃貸管理部 ベルヴィ東山 - レジデンシャルクリエイター

    2017年入社

    まさにビビッ!とくるような会社が
    長栄でした

    私は就職活動中、他の企業の説明会や面談もいくつか行きましたが、長栄の会社説明会を受けた時はまさにビビッ!ときた記憶があります。説明会であった人たちが仕事を楽しんでしていて、輝いてみえたからです。今も一緒に仕事をする先輩方が、仕事楽しい!と言っているのを聞くので、長栄に入社してよかったと思っています。たくさん企業の説明を聞いて、自分が是非働いてみたいと心から思える会社をみつけてください。

ある1日のスケジュール
One day schedule

  • 09:00

    メールの返信、一日の予定の組み立て

  • 10:00

    物件巡回

  • 11:00

    入居前点検

  • 12:00

    昼休憩

  • 13:00

    オーナーや入居者に連絡

  • 14:00

    入居者の修理対応

  • 15:00

    空室のディスプレイ、写真撮影

  • 16:00

    物件資料の編集

  • 17:00

    LINE@の配信

  • 18:00

    メールの返信・退社

入社動機
Question 01

元々不動産業には興味があり、就職活動中に仲介業などをメインに会社を探していました。その時にマイナビでふと長栄のページを見つけ、管理業とはなんだろうと興味を持ったのが一番初めでした。
実際に会社説明会に参加し、先輩社員からお話を聞いた時に、私もやってみたいと率直に思うことができました。長栄での仕事の限界がなく、自分がしたいと思ったことを実現できる環境が私にとって一番魅力的に感じました。
また、先輩社員や面接でお会いした役員の方も、誰に会っても皆さんいきいきと仕事の話をされてたのも長栄に決めた理由の一つです。

仕事内容
Question 02

賃貸マンションの管理をしています。具体的には、契約書の作成・修理対応・家賃管理・部屋の改装・トラブル対応・巡回など幅広いです。幅広い分、豊富な知識が必要になってきますが、オーナー様の資産を預かっているのため、一つ一つの仕事が重要です。
また、女性レジデンシャルクリエイターとして、女性の入居者様のトラブル対応を任されています。
修理などでは、普段の生活では気にもならない部分をチェックするので、よく見るこれはこんな仕組みになっているのかと面白さを感じます。誰もが必要となる家というものを扱うので、一生使える知識が得られる仕事です。

やりがい
Question 03

レジデンシャルクリエイターは男性スタッフがほとんどで、女性はまだ数名しか在籍していません。なので、少しでも女性の得意な分野を増やして、この仕事は女性に任せたいと思ってもらえるようにしていきたいです。
そのために今は、どんな仕事も絶対にトライしています。
その中で、この仕事は私に任せたいと言っていただけたときは本当に嬉しくて、やりがいを感じます。
また、修理などで女性の入居者様の家に行った時に、これまでは男性スタッフが行っていたので最初はビックリされることもありましたが、女性の方が安心すると喜んで頂けることもあったので、そう言っていただけた時はやっていてよかったなと思いました。

入社後いちばん苦労したこと
Question 04

自分で仕事を作って動くようになってからは、スケジュール管理に一番苦労しました。
すべて自分で何をいつするか決めていくのですが、急な対応が多く、もともと今日はこれをすると決めていてもなかなかできずに終わることがあります。何が優先事項で、何を後回しにするか、うまく組み立てて業務に取り組むことは、入社当時は非常に苦労しました。

長栄の社風
Question 05

先輩方になんでも相談できる雰囲気があります。同じセンターの先輩だけでなく、他のセンターや他部署の先輩もいつでも話を聞いてもらえます。仕事で分からないことは、すぐ解決することが大事だと思うので、気兼ねなく聞くことができるのはすごく良いポイントです。

長栄の良いところ
Question 06

個性を活かしていけるところは良いと思います。自分でどうするか考えなければいけない責任感もありますが、自分の得意を仕事の繋げられるのは、仕事の楽しさにも直結していると思います。

長栄の悪いところ
Question 07

悪いところは、業務の多さです。業務内容が幅広いので、やることリストを作るといつもパンパンになります。
なので、うっかり忘れていた・・・なんてこともあります。それを自分でうまく管理していくことが大切です。

いまの目標
Question 08

女性のレジデンシャルクリエイターの仕事はまだあやふやな部分があるので、
女性の方が得意で任せられるような仕事を見つけていきたいです。
実際に一緒に仕事をさせて頂いている先輩方や、物件を任せて頂くオーナー様も、女性レジデンシャルクリエイターがこれまであまり在籍していなかったこともあり、おそらく不安なのだと思います。
なので、その不安を払拭して、是非私に任せたいと思わせるような仕事をすることです。そして今は不安定ですが、女性レジデンシャルクリエイターの仕事を確立させていきたいです。

ワーク・ライフ・バランス
Offshot

家で一人で映画を観ることが多いです・・・。映画を観て一日が終わることもしばしば。
会社の先輩・同期と遊ぶこともよくあります!夏は先輩方に誘っていただいてBBQに行ったり、最近では同期とお泊り会をしたこともあります。
センターや部署の垣根を越えた集まりも多いので、仕事でも活かされています。