神田 寛貴

  • 神田 寛貴HIROKI KANDA

    賃貸管理 ベルヴィ丹波口駅前 係長 – レジデンシャルクリエイター

    2016年入社

    長栄はマンション管理をサービス業と考える会社。
    どのような業務を行っている会社か知ってほしい

    不動産業に対して皆さん固定のイメージを持っていると思いますが、長栄はマンション管理はサービス業と考える会社です。ぜひインターンシップに参加頂いて、どんな業務を行っている会社か知ってほしいです。また、様々な会社を知ることによって、今後の就職活動の幅を広げて下さい。

ある1日のスケジュール
One day schedule

  • 09:00

    朝礼・当日の予定や業務の確認

  • 10:00

    契約関係の事務処理

  • 11:00

    オーナー訪問(改装の提案など)

  • 12:00

    昼休憩

  • 13:00

    物件巡回(共用部などの確認)

  • 14:00

    オーナー訪問
    (入居率アップの為の提案など)

  • 15:00

    入居前点検

  • 16:00

    退去立会い

  • 17:00

    事務処理

  • 18:00

    退社

入社後いちばん苦労したことや感じたギャップ
Question 01

室内の不備や設備の故障など、事務処理以外の設備の知識を身に着ける等、覚えることがたくさんあり苦労しました。

長栄の社風
Question 02

他の管理会社と比べると、イベント開催など新しいことに次々と挑戦している会社だと思います。
入居者様からの喜びの声も頂いており、しっかりと成果も出している会社だと感じております。
またフットサルや、ソフトボールなどクラブ活動もあり、業務外でも社員同士の仲が良く、居心地の良い会社だと思います。

長栄の良いところ
Question 03

作業ごとに担当者が分担されているのではなく、1つの物件に対しての業務を全て任されるので、知識も自信もつき短期間で個人の能力を成長させることができます。

長栄の悪いところ
Question 04

また、全ての業務を任されるため、未経験の事案が発生することも多くあるところです。

関わった仕事で一番印象に残っていること
Question 05

直近では2018年の大型台風の後の処理が一番印象に残っております。
台風で飛んで行ってしまった屋根の修繕に対する保険処理など、初めての経験がたくさんあり、とても大変でした。

今後挑戦したいと考えている事
Question 06

担当物件の数が増え、オーナー様と関わることが増えてきました。
オーナー様からの信頼を得ることにより、紹介など頂きながら管理マンションを増やしていき、会社に貢献したいと思います。

ワーク・ライフ・バランス
Offshot

趣味がたくさんあります。スノーボードやサッカーなど、運動し体を動かしています。
大阪出身でまだまだ京都の知らない場所があるので、上司と一緒に京都の様々な場所に出かけたりもしています。